ナパサパイピの誰よりきっと。熱い夢を追いかける夏がやってくる

ナパサパイピの誰よりきっと。熱い夢を追いかける夏がやってくる

ナパサパイピは魔法の呪文?

歌手になりたい!
これは私の長年の夢でした。

 

小学生の頃からナパサパイピって、当時ハマってた本に出てくる魔法の呪文を唱えながら、夢みてました。
ナパサパイピ、ナパサパイピ…
そんなん言ったって夢は叶うとは限らないのに。

 

30歳すぎてからもこの夢を持ち続けていました。OLの仕事をしながらも。

 

ところで、私の母は中卒です。

 

家庭の経済的な事情と勉強が苦手なことから高校にはいかなかったのです。
私はこれを恥ずかしく思っていました。

 

母親もそう思っていたようで、仕事を掛け持ちして私を大学まで出してくれました。

 

今考えると母親には頭が上がりません。

 

私は会社員として働く傍ら、歌手として活躍する日々を夢見ていました。
でもうまくいかず。

 

どうもこうもうまく行かなくて、精神を病みかけました。

 

「30過ぎて歌手になりたいなんて、馬鹿みたいだよね?」

 

母に相談すると、「ここであきらめるの?好きなことをやればいいじゃない。年齢は関係ないよ」

 

と言ってくれました。

 

 

私はとても驚きました。
というのも、母は絶対こんなことを言わないと思っていたから、です。

 

 

現実を見て、働きまくってきた人ですから。

 

私は涙が出ました。

 

私の空想のような、現実感がない夢を応援してくれる。

 

それは娘だから。
娘への深い愛情を感じたのです。

 

こんなにいってもらって、私はこのままではいけない、と強く思いました。
それで、次のステップを取るべく、一歩踏み出すことにしました。

 

 

トップへ戻る